本城です。

4月8日(水)の夜7時から放送予定の『世界の何だコレ!?ミステリー』(フジテレビ)で介良(けら)事件が取り上げられるそうです。
https://www.fujitv.co.jp/sekainonandakore/

介良事件とは、1972年に高知県の介良で、地元の中学生たちが小型のUFOを捕獲したとされる事件です。日本では1975年の甲府事件(小学生が宇宙人と遭遇したされる)と並ぶ2大UFO事件といわれています。

以前、『世界の何だコレ!?ミステリー』では、甲府事件の目撃者2人も出演されていましたが、今回、介良事件の当事者も出演するとなれば、事件当時以外では初めてのことです。番組解説者の三上丈晴さんと、そこからつながる並木伸一郎さんのコネなのでしょうね。さすがの人脈だと思います。

とはいえ、証拠がなく、50年前の話を当事者が繰り返すだけの場合は、調査をする側としては残念ながらあまり意味はないかもしれません。

そこで、ここでは今回の番組内で深く触れない可能性が高い、灰皿イタズラ説の新しい情報を紹介し、さらなる情報も募りたいと思います。

2月の下旬のことですが、UFO事件について考察されている桜木ヒロキさんが、介良事件のUFOとよく似た灰皿の画像を見つけられました。
https://twitter.com/APOLLO_11_ERGLE/status/1232591090852585472

これがその画像です。

対して、介良事件のUFOの模型とされるのがこれ↓です。

(出典:矢追純一『写真で見る 日本に来た!? UFOと宇宙人』)

異なる部分はあるにせよ、よく似ていますね。となると、気になるのは画像の出所です。確認したところ、下記の掲示板の647番で書かれているリンク先の画像だということがわかります。
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/esp/1439847959/

そのリンク先はヤフオク!のページなのですが、残念ながらページの保存期間が過ぎているため現在はリンク切れです。しかし、ヤフオク!の場合は、URLにオークションID(今回の場合は「h194706875」)が含まれています。それを手がかりに「落札されました」というサイトで期間とIDを指定して検索すると、下記の結果が出ました。

オークションのページ自体は見られないのですが、落札価格、日時、出品者、落札者の情報は確認できます。これらから判断すると、前出の灰皿は出品と落札もされていたようです。

ただし、検索結果に表示されている画像と先に紹介した画像は細部が異なっており、違う灰皿のようです。タイトルも「骨董品/灰皿/鉄製/和 同 開 珎」となっていますから、検索結果の画像は和同開珎の灰皿で、介良事件のUFOと似ている灰皿はそれと一緒に出品されていた可能性が考えられます(オークションでは複数の灰皿がまとめて出品されることもよくあります)。

※4月7日追記:中央部分のフタが、裏表でデザインが異なるリバーシブルになっているかもしれません。その場合、表と裏でそれぞれ写真が異なっている理由にもなります。私が以前に落札した灰皿もリバーシブルになっていましたので、可能性としては十分に考えられそうです。

いずれにしろ、詳しく知りたいのは介良事件のUFOと似ている灰皿の情報ですが、私が出品者の方に質問してみたものの、残念ながら回答は得られませんでした。

ですので現状では、介良事件のUFOとよく似た鉄製の灰皿が存在し、それがオークションで取引されていたらしいことまでしかわかりません。(私も介良事件のUFOと、大きさ、形、重さ、年代が近い灰皿をオークションで入手しましたが(『UFO事件クロニクル』参照)、中央部のデザインは異なっていました)

もし、この件に関し、情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひお知らせください。よろしくお願いします。