本城です。

ブラジルの予言者ジュセリーノが、5月14日に東京で大地震が起きると予言していたようです。(知人が指摘しているのを先日見て思い出しました)

確認してみると、確かに『未来予知ノート』(ソフトバンククリエイティブ・2007年)の中で予言しています。ところが久しぶりに読み返して気づいたのですが、これ以外にも2009年、2010年の予言がいくつかありました。残念ながら今回は他の国の予言まで調べる時間は取れないため、日本に絞って検証した結果を次のとおり示します。

【2009年】

× 1月25日に大阪・神戸でM8.9の地震。死者数十万人。
× 11月17日に大阪・神戸でM8.2の地震。死者数千人。
× 過去に類を見ない巨大台風の直撃を立て続けに受ける。
× 2016年のオリンピック開催国は日本に決定。

【2010年】

× 5月14日に東京でM7.7の大地震。
 ワールドカップ南アフリカ大会の日本代表監督は2007年10月初め時点の監督と違う人。

当たったのは6件中、1件でした。やはり相変わらず具体的な予言は外れる傾向が強いようです。

ちなみに近々結果がわかるものも含め、2010年の予言は他にもありますので以下に紹介しておきます。このうち平均寿命がわかるのは2年後くらいですが、他は来年にはわかっているので、年が明けたらまた確認したいと思います。

  • ワールドカップ南アフリカ大会で日本代表は準々決勝まで勝ち残れない。
  • ワールドカップ南アフリカ大会で1位になるのはドイツ、2位はフランス、3位イタリア、4位ブラジル。
  • 9月15日に東京と横浜でM8.4の地震。死者7万人以上。
  • タバコ一箱の値段は10ドルに値上がり。
  • 消費税は35%に上昇。
  • 平均寿命は73歳まで落ちる。
  • 川崎で大地震が起きる。