※三四郎・小宮さんに対するパフォーマンスについて追記しました。

本城です。

昨日、毎年恒例となっている「ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル」が放送されました。内容は、明らかにCGだとわかる映像(たとえばバルバドスの狼男では影が逆になっている)がたくさん使われるなど、例年通りのものでした。

超能力ものも例年通りで、もはやマジックを超能力と言い張って放送するのは、この番組くらいだと思います。大槻(名誉)教授も相変わらずでした。名誉教授を返上云々という話もされていましたが、未見の方はこちらの記事でもご参照ください。

ここでは、「脳を読む男」といわれるティモン・クロースが大槻教授(以下も教授で通します)に対して行ったパフォーマンスについて書いておきたいと思います。

無駄ばかりの手順

ティモンは大槻教授からの突然の挑戦を受け、教授のiPadに設定されているパスワードを解除することになりました。さて、ここで普通に考えてください。もし「脳を読む」ことができるなら、やることは何でしょうか。

最もシンプルかつ疑われない手順は、その場で脳を読み取って、パスワードを解除してみせることです。しかしティモンはこのような単純明快な手順は取りませんでした。代わりに彼が取った手順は、実に無駄が多く、矛盾したものでした。

まず、ティモンはパスワードを紙に書くよう大槻教授にお願いします。その際、ティモンは自分が用意したメモ用紙を使わせようとしますが、大槻教授は自分が持っているものを使うと言って断固拒否。教授からすれば、相手の道具を使わなければ大丈夫だと思ったのでしょう。

ですが、そもそも「紙にパスワードを書く」という手順自体がまったく必要ないものです。結局、この紙は最後に視聴者に見せて答合わせをすることもなく終わりました。何のために書かせたのでしょうか?

その後もおかしな手順は続きます。ティモンはパスワードが書かれた紙を、大槻教授の隣に立たせたボビーに手渡すように指示しました。その理由は「(大槻教授が)手ぶらでないといけないので」というものでした。これはまったく意味不明です。

さらに今度はボビーに渡した紙を、なぜかティモンが受け取ってしまいます。ここでは編集が入っているため、なぜティモンが受け取る必要があるのか、理由すらわかりません。

ボビーから紙を受け取るシーン

ボビーから紙を受け取るシーン

そして次の場面では、また編集が入り、今度はなぜかティモンが紙を2つ持っています。

右手に紙が2つある

右手に紙が2つある

2つのうちの1枚はテーブルの上に置きました。もう1枚は、とくに隠すわけでもなく、ティモンが持ったままです。この紙が何なのか、編集が入っているため、視聴者にはまったくわかりません。なお、テーブルに置かれた紙は大槻教授が回収させられて持っていました。最初に言っていた「手ぶらでないといけない」は何だったんでしょうか。

手元に残った紙を見るティモン

手元に残った紙を見るティモン

ティモンは、この後、パスワードの解除に成功しました。ですが、これまで見てきておわかりのように、手順は疑問だらけです。なぜ紙に書かせたのか? なぜティモンが紙を受け取ったのか?? なぜ手元に紙が残るのか???

これで「脳を読みとる」と言われましても、説得力はありません。大槻教授は過去にも、リオー・スシャールと対決した際、見事に手玉に取られたことがありました。それで今回も同じような失敗を繰り返しているのですから、もはやいいカモだと思います。

ちなみに番組の最後に放送されていたノストラダムスの予言に関してましては、「ノストラダムスの大事典」の山津寿丸さんが番組内容について解説されています。ご興味のある方は、そちらもご参考になさって下さい。

【12月30日追記】
海江田さんからコメント欄にて、三四郎・小宮さんに対してティモンが使ったと考えられるトリックをご教示いただきました。私も確認できましたので、参考のため、ここに画像つきで追記しておきます。

まずティモンは自分が用意した厚手の紙を小宮さんに渡す際、書く位置を右手で指示しました(おそらく紙の右下です)。けれども視聴者に対しては、そういった説明はされませんでした。

小宮さんに書く位置を指示するシーン

小宮さんに書く位置を指示するシーン

次に小宮さんが隠れて暗証番号を書こうとするシーンです。ここではセットの壁に紙を置いたところで指の隙間から紙の中身が一部見えます。このとき、小宮さんはまだ何も書いていませんでした。ところが、紙には四分割するような十字の線と、何かの文字が書かれていることが確認できます。

セットに隠れて書く前のシーン。まだ書いてないはずなのにすでに何か書かれている。

セットに隠れて書く前のシーン。まだ書いてないのにすでに何か書かれている。

おそらく前の指示と合わせると、四分割されたスペースのうち、何も書かれていないのは右下で、そこに暗証番号が書かれるようになっていたのだと考えられます。

それでは、なぜ四分割にして、書く位置まで指示する必要があったのでしょうか。ティモンが用意した紙は、透けないようにという理由で厚手ものでした。厚手の紙は四つ折りにしても隙間ができやすく、隙間が作りやすくもあります。その隙間から暗証番号を盗み見たのではないか、というのがこのトリックです。

具体的には、以下のシーンです。ティモンの右手にある紙には大きな隙間が出来ています。ティモンの視線を見ると、彼はその隙間を覗いていることがわかります。暗証番号を盗み見たのは、おそらくこのシーン。

ティモンが紙の隙間を覗いているシーン

ティモンが紙の隙間を覗いているシーン

ティモンはおそらく以下のように親指を紙に入れて、隙間を広げています。

ティモンからはこう見える

ティモンからはこう見える

外部からは、あからさまに紙を広げているようには見えない。

外部からは、あからさまに紙を広げているようには見えない。

ちなみに、ティモンは小宮さんの暗証番号(最初がアルファベット、残りは5桁の数字)のうち、アルファベットは当てられずに本人に聞いていました。

ティモンが先述の方法で暗証番号を見ていた場合、最初のアルファベットは書かれている位置が端になりますから、隙間から覗く際、一番見えにくくなります。彼がアルファベットを当てられなかった理由が、おそらくこれだと思います。