本城です。

久しぶりにトンデモ本シリーズを読みました。今日発売の『トンデモ本の新世界』(文芸社)です。

今回は「世界滅亡編」とあり、世界の滅亡に絡んだネタが、本や漫画、映画などからピックアップされています。ちょっと変わっているのは、滅亡までの道のりや滅亡時に焦点をあてたものだけでなく、滅亡後の新しい世界を扱った作品も取り上げられているところです。

それが第3章と第4章の「トンデモ終末後の世界」。当然まだ終末はきていませんから、そこは作者さんが想像で好き放題にできる世界でもあり、なかなかぶっ飛んでいる作品が多くて面白いです。

反面、1章と2章はややハードなネタが多く、トンデモ本として面白かったのは山本さんが最初に紹介している『秘伝ノストラダムス・コード』くらいだったのはちょっと残念でした。

ただ、それぞれ中身は濃い記事が多いです。ここはもう割り切って読んだ方がいいかもしれません。ちなみに前作までの目次と比べると執筆陣が変わっていて、ちょっと新鮮な印象です。最近は読んでいなかったという方も、この機会にご覧になられてはどうでしょうか。

本書の目次は以下をご参照ください。

目次

第1章 トンデモ終末予言の世界 「えっ、あの人も?」有名人編
『秘伝ノストラダムス・コード』(竹本忠雄)――山本弘
『未来仏ミロクの指は何をさしているか』(五島勉)――多田克己
『聖書の暗号』『聖書の暗号2』『Bible Code III: Saving the World』(マイケル・ドロズニン)――クララ・キイン
『ニュートン・コード』(塚原一成)――皆神龍太郎
『「みろくの世」―出口王仁三郎の世界―』(上田正昭監修)――原田実
『清少納書の大予言』(谷地淳平)――原田実
『日出づる日、災い近し』(麻原彰晃)――クララ・キイン
コラム 予言獣と予言(その1)――多田克己

第2章 トンデモ終末予言の世界 その他、個性的な方々が続々と…編
『的中王・海龍のとてつもない予言』(海籠)――唐沢俊一
特集「破滅学入門」(特集構成・野坂昭如)――唐沢俊一
『純正律は世界を救う』(玉木宏樹)――唐沢俊一
『「日月神示」夜明けの御用 岡本天明伝』(黒川柚月)――原田実
『2000末世紀之謎』(星座小王子)――原田実
『この地名が危ない』(楠原佑介)――多田克己
『美しき『聖騎士」たちの黙示録』(万師緑姫)/『天網恢恢疎にして漏らさず』(伯壬旭)――稗田おんまゆら
『量子進化――脳と進化の謎を量子力学が解く! 』(ジョンジョー・マクファデン)――川口友万
コラム2 予雷獣と予言(その2)――多田克己

第3章 トンデモ終未後の世界 コミックス編
『大ぼら一代』全11巻(本宮ひろ志)――新田五郎
『60億のシラミ』全5巻(飯森広一)――新田五郎
『メギドの火』全2巻(つのだじろう)――新田五郎
『餓鬼の惑星』全1巻(原作・滝沢解、劇画・小島剛夕)――新田五郎
『愛と希望の人類滅亡BLアンソロジー』全1巻ほか――新田五郎

第4章トンデモ終末後の世界 映画・ゲーム編
『原子怪獣と裸女』(監督=ロジャー・コーマン)――寶来誠
『原爆下のアメリカ』(監督=アルフレッド・E・グリーン)――寶来誠
『地球は壊滅する』(監督=アンドリュー・マルトン)――寶来誠
『第三次世界大戦 四十一時間の恐怖』(監督=日高繁明、脚本=甲斐久尊)――唐沢俊一
『奇蹟人間』(制作=アレクサンダー・コルダ、原案・脚本=H・G・ウェルズ、監督=ロタール・メンデス、主演=ローランド・ヤング)――唐沢俊一
『機械人間 感覚の理失』(監督=アレクサンドル・アンドリエフスキー)――唐沢俊一
『ファイナル・ジャッジメント』『ノストラダムス戦慄の啓示』『マンガノストラダムス戦慄の啓示』――稗田おんまゆら
「イルミナティカード」――山本弘