本城です。

最近、新たにオカルト雑誌が創刊されたので紹介します。CMでも流れているのですでにご存じの方もいると思いますが、『週刊 世界百不思議』(講談社)という雑誌です。

扱うジャンルは超常現象全般にわたっていて、毎週木曜に発売される全50冊のシリーズとのことです。10年ほど前にあったオカルト雑誌『週刊 X-ZONE』(デアゴスティーニ)と同じタイプですね。

私の場合、『X-ZONE』の方は全84冊を買いましたが、『世界百不思議』の方はどうするか迷い中。オカルト雑誌をたくさん持っていると、どうしてもネタが被る一方で、新しい雑誌には最近の情報が載っていたりすることもあります。そういう情報はいつでも使えるようにチェックして手元に置いておきたいんですね。

また、他に躊躇する理由として30ページしかないのに580円もする値段の高さがあります。月では約2300円。『ムー』が約200ページで650円ですから、どれだけコストパフォーマンスが悪いかわかると思います。

とはいえ創刊号は、911陰謀論の都市伝説として有名な「予言するドル紙幣」の付録として、5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドルの5枚が見本で付いて190円です。これは自分でいろいろ試せるし、お得かもしれません。