本城です。

YouTubeに興味深い動画があったので紹介します。

場所はベルギーのブリュッセル。優秀な透視能力者に透視してもらうテレビ番組の企画があるので協力してくれないか、と通行人に声をかけるところから始まります。

OKしてくれた人は白いテントの中へ。そこにはデイブという透視能力者がいて、彼らを迎えてくれます。最初は半信半疑の人もいる中、いざ透視が始まると、その具体的な透視内容に一同驚愕。

「あなたの背中に2つの昆虫を感じます」(背中に蝶のタトゥーが2つ)
「あなたの親友の名前はジュリー」
「白いバルコニーのある赤い家が見えます」
「先月、あなたは服に300ユーロ使いましたね」
「あなたにはお金と取引が見えます」
「家を売りに出しているのも見えます」「79万5000ユーロ」
「あなたの銀行口座の番号は……9-7-8-5-41」などなど……

どの透視もすべて的中! このデイブという透視能力者はただ者ではない、本物に違いないと参加者の多くが確信しかけます。ところが……

ここで、テント内にあったカーテンが落ちてタネ明かし。そこには黒いマスクを被ったハッカーが何人もいます。彼らは事前に入手していた情報をもとにオンライン情報を調べ、参加者の情報を入手していたのでした。デイブはその情報を秘かに教えられ、透視能力者の役を演じていたというわけです。

この動画はベルギーの金融連盟によって制作されたもので、オンライン情報の危険性とネットバンキングの安全性強化を啓蒙する目的で実演動画がつくられたそうです。

今は、たとえばFacebookに実名登録して写真をアップしていれば、その情報をもとに経歴や過去の出来事をそれなりに当てることもできてしまう時代です。こういった悪用をする人はいても一部でしょうが、注意はしておきたいところです。