秋月です。二回目の登場となります。さて、何を書こうか迷ったのですが…。私、前々から不思議に思っていたことがあるのです。それは、「オーラって、もしかして本当に見えてる?」ということです。

実は先日(といっても随分前ですが)オーラが見えるという方にお会いしまして、早速見ていただいたところ、何ともうまいこと私のことを言い当ててくれるではありませんか。

そこで信じやすい私は…ハハン♪なんだか本当に見えてるみたいだなあ――と思ってしまったのです。そして、もし本当に何かが見えているとするならば、それに対する合理的な説明があるはずだろうと考えました。そんな時に出会ったのが“共感覚”です。

さて、共感覚ですが、まずご存じない方のために簡単に説明しましょう。それは「一つの刺激から複数の感覚が生ずる」こと。つまり「音を聴くと色を感じる」といったような、とても奇妙な感覚のことです。

この共感覚は、なんとなくオーラと似ていますよね。例えば、人の印象によって色を感じるという感覚が希にあるならば、それはまさにオーラのような気がします。もう、いろいろ考えるのもメンドクサイですし、この際オーラは共感覚ということにしましょう。

…とも思いましたが、私も一応ASIOSのメンバーなので、もう一度考えてみることにしました。「オーラ=共感覚」説を主張するなら、共感覚についてある程度知っておく必要があります。そう思い立って手に取ったのが、今回ご紹介する本『共感覚』です。

共感覚―もっとも奇妙な知覚世界

共感覚―もっとも奇妙な知覚世界

  • 作者: ジョン ハリソン
  • 出版社/メーカー: 新曜社
  • 発売日: 2006/05/20
  • メディア: 単行本


著者のジョン・ハリソンはロンドン大学、ケンブリッジ大学にて研究に従事する心理学者で、1990年代からこの奇妙な感覚についての研究を始めました。

本書を読むと、とても慎重に共感覚を扱っていることが伝わってきます。単純な結論には導いていないので、読んでみて消化不良を訴える方もいるかもしれません。でも逆に言えば、それ故本書が真摯な研究の成果を記した、信頼できる書籍である証とも言えるのではないかと私は思います。

著者は共感覚に対する懐疑的な視点から研究を進め、共感覚者が存在するという確信を深めていきます。そして「新生児に聴覚刺激を与えると、後頭皮質の視覚野から信号がくるのが観測される」という事実から下記のような仮説を立て検証していきます。

初期には聴覚情報を脳の視覚野に運ぶ一時的な経路があるらしい。そこで私たちの理論では、共感覚を持つ人々は成人してもこれらの経路を保持しているのに対し、共感覚を持たない人々はだいたい生後三ヶ月ぐらいまでのどこかの時点でこの能力を失ってしまい、異なった感覚からの入力を区別するように、脳の構造や接続が変化してしまったのだ、と考えている。

さて、オーラは共感覚なのかという疑問に戻りましょう。結論から言えば、それらはまったく違うものだというのが、本書を読んでの私の概観です。私の確信はまやかしだったのです。

例えば、有名な「某オーラ番組」では、霊能者二人が対象者のオーラを見て、「あなたの周りには金色のオーラが取り囲んでいるわ」「そうそうほんとうに綺麗だわ」などと言ったように、二人の霊能力者が同じ色(オーラ)を見ているかのような場面が散見されます。

しかし本書では、共感覚者にこのようなことが起こりえないことを示す多くの研究結果が記されています。例えば、共感覚で一番多いケースである、聴覚刺激によって視覚が起こる“色聴”であれば、「ある二人の共感覚者が同じ「色―単語」の対応を持っているのは非常に希であることは明らか」で「たとえ双生児の場合ですらも、ひとりひとりとても違っている」のです。

また、色と単語の対応も「Happy」だから「ピンク」とかいうような、色と単語のイメージによる関連性もありません。この事実はある共感覚者が話した言葉に端的に表れているでしょう「担任のブラウン先生の名前がおかしい、だってこの名前は緑だから」

そして、このことこそ、本物の共感覚と、後天的なイマジネーションとしての擬似的共感覚を見定める基準なのです。

よくよく考えれば、某有名霊能者が言うように「赤のオーラは情熱的、努力家」で「黄色のオーラは朗らか、ひょうきん」だなんて、まるで戦隊ヒーロー物のようです。この見立てに従えば、黄色いオーラの人はカレー好きに違いありません。

しかし、だからといって「感情と色の共感覚を持つ」人がいないとも限りません。そして彼らが自分が共感覚者だとは気付かず、オーラを見ているのだと勘違いしている場合もあるかもしれません。しかし、その場合、テレビで雄弁に語る霊能者の見るオーラとは、まったく違う色を見ていることでしょう。

そしてオーラ番組のそれは、「“共”感覚」ではなく、霊能者の一人の見解に、もう一人の霊能者が共感して、その対象者も共感するという「“共感”感覚」みたいなものだろうと思い直しました。たた、現時点では共感覚よりむしろオーラの知識が足りません。でも、オーラを体系的に捉えるのは共感覚よりも、もっと難しいだろうと、私は思います。

【参考】

▼VRもオーラも「共感覚」の一種?
(知り合いに会うと色を感じる――感情と色の共感覚を持つ――人もいるという)
http://wiredvision.jp/archives/200503/2005030901.html

【余談】

私の前エントリーでは十九世紀末前後の心霊写真を取り上げました。そして、共感覚にもその時代との接点があります。共感覚に関する関心は、まず十九世紀末に高まり、その後衰退して、また二十世紀末に高まっているのです。この本の原本は2001年に出版されたのですが、人々の関心が高まったからこそ出版されたと言えるでしょう。実際、現代の共感覚の研究は、前世紀末で確かめられなかった仮説を、現代の科学的方法で検証する作業であったとのことでした。