本城です。昨日、下記のニュースが配信されました。

「東京上空に現れた謎の発行物体はUFOなのか!?」(リアルライブ)
http://npn.co.jp/article/detail/51001672/

記事によりますと、作家の山口敏太郎さんが、6月4日の午後9時頃、千葉県船橋市の公園で東京方面に浮かぶUFOを撮影したといいます。写真ではわかりづらいですが、当時、撮影されたという動画を見ますと、確かに白い光点が映っていることが確認できます。

このUFOの正体は一体何でしょうか? まず思い浮かぶのは、動画内でもたびたび言及されている星の可能性でしょう。そこで星の可能性を調べてみました。

まず大前提として、当日の天気です。気象庁のデータによりますと、当日の船橋市内は晴れていたようです。そのため星があれば見ることはできたと思います。

次に当夜の星空の様子です。UFOが撮影されたのは、6月4日の午後9時、場所は船橋市、方角は東京方面ですから、西です。これらの情報をもとに天文ソフトを使いますと当夜の様子を再現できます。その結果が次のとおりです。

天文ソフト「Stella Theater Pro」より

西の空で目立つのは木星と金星ですね。地平線からの仰角は木星が約24度、金星が約13度でした。金星は低いですから、おそらく付近の建物か公園内の木などに隠れて見えなかった可能性が考えられます。

そうなりますと、UFOの正体として考えられるのは残る木星です。当時、木星はマイナス1.9等でした。これは全天で太陽の次に明るい恒星シリウスのマイナス1.46等より、さらに明るいですから、当夜、西の空ではかなり目立っていたはずです。

これは逆に言えば、当夜、西の空を観察していて、他にUFOを目撃していたのならば、木星についても目撃されていたはずだということでもあります。ところが、当夜、西の空で目立っていたのは、光点状のUFOだけだったといいます。ということは、そのUFOの正体は木星だったと考えるのが妥当ではないかと思います。

ちなみに木星と金星の共演は、7月の上旬まで見られるそうです。とくに6月20日と21日の夕空では、木星、金星、月が揃って見られるとか。とはいえ梅雨のシーズンでなかなか難しいかもしれませんが、チャンスがありましたら、ぜひ西の空をご覧になってみてください。