本城です。

先日、私の個人サイトのアンケートで、「海から無数の手」が写っている心霊写真について書いてくださった方(以下、Aさん)がいました。

Aさんいわく、今から30年ほど前に深夜のオールナイトニッポンにて、松任谷由実さんが話されていたのを聞いて以来、ずっと気になっていた心霊写真だといいます。

Aさんは、もし実在するなら波の誤認かもしれないと考えておられるそうですが、ネットで検索しても写真は見つからないといいます。そのため今では話は創作されたもので、写真は実在しないかもしれないとも考えているそうです。

ただ確証はないため、もし何か情報を知っていたら取り上げてほしい、とのことでした。私はこの話を読んだとき、どこかで写真を見たことがあるような気がしていました。そこで手持ちの心霊写真を片っぱしから確認しました。ところが該当する写真は見つかりません。

次に検索もしてみましたが、これまた見つかりません。どうやら私が見たと思っていたのは勘違いだったようです。しかし写真は見つからなくとも、話はたくさんあることがわかりました。以下は代表的な「海から手」の心霊写真の話です。

海に飛び込みをしていた青年が溺死した。彼の遺族は、生前、飛び込みを行っていた姿を写した写真があったので現像してもらうべく写真屋に依頼。ところが最後に飛び込んだ一枚だけが現像されていなかった。

不審に思った遺族は写真屋に理由を尋ねた。すると写真屋は「うまく撮れてなかったんですよ」などと言う。それでも最後の写真は形見だ。遺族は失敗写真でもいいので出すように要求。しぶしぶ写真屋は問題の最後の一枚を出した。

ところがそこには崖から飛び込む青年と、その彼を引きずり込もうと海から伸びる無数の不気味な手が写っていた。

一度は見聞きしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。調べてみたところ、一柳廣孝『心霊写真は語る』、小池壮彦『心霊写真』、渡辺節子『ピアスの白い糸』などの文献で、この「海から手」の心霊写真の話について考察されていました。

文献によれば、この話は1970年代からある話で、実に様々なバージョンが語られているのだそうです。上記の話を基本バージョンとしながら、下記のように違う情報も織り交ぜつつ、友人、知人から聞いた話として流布されているようです。

【年代】

1970~90年代or言及なし

【場所】

茅ヶ崎or場所不明

【海に飛び込んだ人物】

男性or女性。

【飛び込んだ状況】

自殺or遊びで飛び込みをしていた

【撮影した人物】

友人or偶然現場に居合わせたカメラマン

【現像を依頼した人物】

遺族or偶然撮影したカメラマン
(警察に写真を提出したというバージョンもあり)

【海から伸びる手の描写】

手の色は、赤、黒、白、
女性が手を伸ばしている、無数の手が写っている、
海が血の色に染まっていた、などのバージョンあり。

通常、心霊写真というのは話と写真がセットです。ところが今回の「海から手」は肝心の写真がありません。

しかし話は怪談としてよく出来ています。「海に飛び込もうとする者を引きずり込む不気味な手」の描写は、実物の写真がなくとも頭の中で容易にイメージできます(私も見たことがあると勘違いしたように)。そのため、話が広まりやすかったのかもしれません。

とはいえ、やはりこの話の肝は写真屋さんもビビったという、海から手が伸びる心霊写真です。現状ではほぼ都市伝説といえる話で実在する可能性はかなり低いと思いますが、仮に元になるような写真が実在するなら怪談史を考察する上で貴重な発見になるとも思います。

そこで、ダメもとで写真を探しています。もし写真を見たことがあるという方がいらっしゃれば、ぜひ情報をお寄せ下さい。実見して検証してみたいと思っています。

【2013年12月4日追記】
「続・海から手の心霊写真」