本城です。

先月、写真が撮られ、今月に入って動画も公開された興味深いUFOがありますので紹介したいと思います。写真はこちらです。

(引用元:Educating Humanity)

動画はこちら。

このUFOの目撃情報は、もともとアメリカの老舗UFO団体MUFONに寄せられたものでした。(こちら)
これまでにわかっている情報をまとめますと次のようになります。

  • 2014年9月10日の18時55分頃、目撃者がカリフォルニア州サンディエゴ郊外の自宅へ帰宅すると、近所の家の上空に明るい球体が浮いていることに気がついた。
  • それは夕日をあびてオレンジ色に反射していた。
  • 当時の天気は快晴。
  • 目撃者は当初、気球、あるいはある種の奇妙なヘリコプターかもしれないと思った。しかしそれは回転翼を持っていなかった。棒あるいはアンテナのようなものが出ているように思われた。
  • よく見るために自宅の裏庭へ行った。UFOまでは1マイル(1.6キロ)も離れていないように見えた。
  • 5分後にカメラを取ってきて、三脚を立てた。数枚の写真も撮影。ビデオカメラも取りに行って、約20分間撮影した。目撃時間は約45分。
  • UFOは空気の影響を受けて揺らいでいるようにも見えた。時々、大きな木の背後に下降し、ゆっくりその木の背後から再び現れたりした。
  • 物体は比較的安定していた・目撃できたのは暗くて見えなくなる19時40分頃まで。最後は西の方へゆっくり漂っていった。
  • 目撃者の自宅は、サンディエゴ北部の92117エリア。
  • 写真公開後、動画の公開まで2週間あいてしまったのは、カメラが比較的古くて映像データを取り込むのに手間取ったから。

以上です。比較的長い時間、目撃されていたようです。また写真を見ますとUFOの表面は金属のように反射しており、動画では一定ではないゆっくりとした動きを見せています。

それでは正体はどういったものが考えられるでしょうか。まず動画の長さや目撃者のこれまでの対応を見ていますと、CGなどのインチキの可能性はあまりないように思えます(ただし要検証ではあります)。実際に、その場で何かが飛んでいたのかもしれません。

もし実際に飛んでいたものだとすると、思いつくのは、目撃者もあげているバルーンやラジコンの可能性です。

まずバルーンの場合、金属っぽい表面が気になりますが、これはいわゆるアルミ風船というタイプですと、表面が反射して見た目には金属っぽく見えることがあるようです。

また飾りとして棒のようなものを付けている例もありました。

ただしバルーンは風の影響や、ヘリウムガスの量によって動きが変化しますので、一概にどういう動きを見せるとは言えません。またUFOの方は写真ですと中央付近に窓のようなものが並んで見えますが、バルーンで同様のものは見つけられていません。したがってバルーンの可能性は決して高くはないように思います。

次にラジコンの可能性ですが、球体のラジコン自体はありました。

ただし球体のラジコンは他も含め、どれも全体を覆うようにはできていません。動きはけっこう似ているところもあるのですが、球体の上部まで覆ってしまうと飛べないようです。そのためラジコンの可能性も低そうです。

他の可能性については、まだ検証できていません。今のところは正体不明です。その意味ではまさに未確認飛行物体だと思います。近年のUFOの中では一番興味をそそられる事例ですので、今後も引き続き調べていきたいと思います。何か情報がわかれば追記していきます。