『謎解き 古代文明』(2011年5月出版)の正誤表をまとめたページです。今後、訂正がある場合はこのページに追記していきます。なお以下で赤字の箇所は、まだ最後に増刷された版でも未訂正の部分です。お詫び申し上げると共に、次回増刷の際は必ず訂正します。

P.30 画像のキャプション
プロイツェン→プロッツェン

P.53、7行目
1827年→1872年

P.92、3行目
ブルースストーン→ブルーストーン

P.106、後ろから5行目
「リーディング」という方法→「リーディング」という特殊な方法

P.108、3行目
それより小さい島だったことになる。
→それより小さい島の二様の想定をしていたことになる。

P.109、2行目
それらの条件に合致する島がを
→それらの条件に合致する島を

P.109、3行目
アトランティス研究家の中では
→アトランティス研究家の中には
それに伴ない、5行目末尾の
考えられていた→考える者もいた

P.140、7行目「0.016」に下記注釈を追加
※⑨0.016
これは近似値で、厳密には4個の点が一直線に並ぶ場合があるので、期待値はもう少し小さくなる。

P.140、後ろから4行目
確率が250分の1だとすると、この場合の期待値は78
→これらのことから確率を計算すると、期待値はおよそ68

P. 178欄外注釈3
バット・アーキオロジー
→バッド・アーキオロジー

P.189、欄外注釈10行目
「石灰岩のジュール」→「石灰岩ノジュール」

P.198、10行目
「そうしたそうした」→「そうした」

P.210、「伝説」のはじめから2行目頭の部分
「島」→「大陸」

P.211、後ろから3行目冒頭に下記を追加
「口承された背景もなく」

P.211、下記の脚注追加
欧米ではアトランティス人気が圧倒的で、研究家に対して“アトラントローグ”という呼称さえあるほどである。ジェフリー・アッシュ『アトランティス伝説』(平凡社、1994年)で位置付けたように、ムーはアトランティスのエピゴーネンと見られているためだろうか。

P.213、後ろから6行目
「過去数万年以上は」→「過去数万年以上にわたって」

P.214、欄外注釈6の末尾
「研究を発表。」→「研究を発表している。」

P.218、2行目
「335ページの」→「こちらは335ページの」

P.218、3行目末尾に下記を追加
「これが同社のムー・シリーズの始まりだった。」

P.219、5行目
「訳せるとは思えない。」→「訳せるとはとうてい思えない。」

P.229、4行目~5行目
「炭素年代測定法」→「年代測定法」

P.245、上段の後ろから5行目の冒頭に下記を追加
「ここで一冊の本に注目したい。」

P.245、後ろから3行目
「という一冊の本がある。」→「である。」

P.246、上段9行目
「日本人にされていた」→「勝手に日本人にされていた」

P.246、上段12~13行目
「誤解を与え続けている」→「読者をインスパイアし続けている」

P.246、上段13~15行目
「抄訳・超訳はしかたないにしても、少なくとも原本にはない記述を挿入すべきではないだろう」
→「伝説」とはこんな意想外なことからも生まれるのだということを示すケースといえるだろう。

P.262、2行目
斑鳩街→斑鳩町

P.265、15行目
「見える者」→「見える物」

P.268、参考文献の6行目
『謎解き超常現象の謎Ⅱ』→『謎解き超常現象Ⅱ』

P.269、1行目
皐月のルビを「さつき」→「こうげつ」

P.270、4行目
銅鏡→道教

P.273、欄外注釈の後ろから5、4行目
16進法の「10」は2進法の「1000」に
→16進法の「10」は2進法の「10000」に

P.274、8行目、13行目、p275・1行目
「坂崎」→「楢崎」

P.277、14行目
ついでに→ちなみに

P.277、欄外注釈3~4行目
全五巻で→全五巻