超常現象を愛するからこそ懐疑的調査を行う団体アシオスの公式ページ

超常現象の検証動画

ここでは超常現象の事例を検証している海外の動画を紹介します。内容は英語ですが、日本語字幕を付けてあります。もし字幕が表示されない場合は、動画下にある「cc」ボタンをクリックしてください。

 

超常現象の検証:オーラ・リーダー編

この動画は、1991年にイギリスで放送された『James Randi: Psychic Investigator』というシリーズ番組の一部です。番組では懐疑論者のジェイムズ・ランディが「オーラが見えると主張する人」(オーラ・リーダー)を検証しています。

実験に参加するのは、「ジェイムズ」という名のオーラ・リーダー。彼は、ついたての裏に隠れた5人のボランティアが立っている場所を順番どおり当てることに挑戦します。手がかりは、ついたての上から見えるはずのオーラ。

結果は、実際にジェイムズが番組内で当てられたのは5人中2人。残念ながら、偶然レベルと大差はありませんでした。

 

超常現象の検証:クリスタル・パワー編

この動画も上と同じ『James Randi: Psychic Investigator』の一部です。ジェイムズ・ランディが「クリスタル・パワー」と、ニューエイジの理論をもとにした治療法「アプライド・キネシオロジー」(応用運動学)を検証しています。

出演者はランディの他に、クリスタル・ヒーラーとして有名なスージー・ホービッチと、女優のフィオナ・リッチモンドの計3名。まず番組では、クリスタルの力を示すためにデモンストレーションを行ないます。フィオナには椅子に座った状態で片腕を前に伸ばしてもらい、スージーがその腕を下に押します。すると腕は簡単に押し下げられてしまいます。

ところが続いて片方の手にはクリスタルを握ってもらい、もう一度、片腕を前に伸ばしてもらうと、今度はスージーが腕を下に押し下げようとしても強さが増したかのように下がりません。

デモンストレーションはここで終了。次はいよいよ検証へ。先ほどのクリスタルは赤色の小さい袋に入れてヒモで縛ります。そしてその小袋は、他の小袋入りのサンプルが複数入った大きな袋に入れられ、かき混ぜられます。この状態ではクリスタルがどこに入っているのか誰にもわかりません。

中身がわからない状態で、ひとつひとつ先ほどのデモンストレーションと同じことをやり、クリスタルがどの小袋に入っているか当ててもらおうというのです。クリスタルではない別のものが小袋に入っているのであれば、腕は簡単に押し下げられてしまうので、それが「悪い」ものだとわかるという理屈です。

番組では、フィオナが大きな袋から小袋を1つずつ選び出していきます。1つ目は簡単に腕が下がってしまうので「悪いもの」。2つ目、3つ目も同じく「悪いもの」。4つ目でようやく強い反応が出て、これが「クリスタル」だとされました。最後の5つ目は「悪いもの」という反応。

最後は正解を見ていきます。まず「クリスタル」として選ばれた4番目の小袋。これは確認してみると、中身は毒性のある「ラット・ポイズン」(殺鼠剤)のかたまりでした。一方、肝心のクリスタルは、他の「悪いもの」として片付けられていた小袋の中にありました。

スージーはクリスタルを正しく見つけられなかった理由として、袋に覆われていたことをあげますが、ランディは「クリスタルにパワーがなかった」か、テストに使われたニューエイジの「アプライド・キネシオロジー」(応用運動学)がおかしいのか、あるいは両方だろうと結論して番組は終わります。

 

超常現象の検証:ネラ・ジョーンズ編

これも『James Randi: Psychic Investigator』の一部です。ジェイムズ・ランディが、霊能者のネラ・ジョーンズのサイコメトリー(※1)を検証しています。ちなみにネラは、スピリチュアル・カウンセラーとして有名な江原啓之氏が本物と認めている霊能者です。

※1 触れることで、それに関連する人物や出来事、由来などを読み取るとされる能力。

番組で検証のために用意されたものは、実際の殺人事件で使われた凶器を含む6つの道具類。この中から、サイコメトリーを使って殺人事件の凶器を当てよう、というのです。

ネラは3つの道具を選びますが、そのうち実際に凶器だったのは1つだけ。残り2つは新品で購入した無関係の道具でした。しかも選んだ1つの凶器についても、サイコメトリーの際には事件と全く無関係のことを話していました。さらに残り3つの道具の中にも凶器はあったにもかかわらず、それらを選ぶこともできませんでした。

番組の最後は、イギリスの超能力捜査の実態について、ランディが調査した結果をコメントして終わります。

 

超常現象の検証:占い編

この動画は、イギリスのチャンネル4で放送されていた人気番組「Trick of the Mind」の一部です。出演しているのは、イギリスのマジシャン、ダレン・ブラウン。

ダレンは、イギリス、アメリカ、スペインで若いボランティアの男女を集めると、彼らに誕生日や手型、個人的な持ち物を、それぞれ自由に選んでもらった封筒に入れてもらいます。ダレンによると、封筒の中身をもとにその人の性格や過去が当てられる「リーディング」を行うというのです。

封筒が集まると、ボランティアの男女にはしばらく休憩してもらい、その間にダレンはリーディングの結果を書いた紙を用意して再びみんなの前に現れます。そして、最初は他の誰にも見られないように封筒の中身を読むように指示しました。

リーディングの結果を読んだみんなはよく当たっていると驚きます。どれくらい当たっていると思うか質問されると、それぞれ75%~90%ほどだという答えが多数。

しかし番組はここで終わりませんでした。続きがあったのです。ダレンはすっかり信じてしまったみんなに対し、今度はリーディングが書かれた紙を他の人と交換するように指示します。

すると……「自分だけの性格や過去」が書かれていると思っていたリーディングの内容が、実は他の人と完全に同じだったことに気付くのです。驚きの真相に唖然となる一同。ダレンはそんなみんなに、これは「コールド・リーディング」と呼ばれるテクニックを使ったものだと説明します。より正確には、その一部として使われる「バーナム効果」(※2)を応用したものでした。

※2 バーナム効果とは、誰にでも当てはまるような一般的な人物描写を、自分だけに当てはまるものだと思い込んでしまう現象のこと。バーナム効果を有効にするためには、人物描写を知らせる際に、「これは“あなたの”性格を表したものだ」と特定することが重要。それができれば相手の強い思い込みを誘うことができます。

番組の最後はそれぞれの感想を紹介して終わり。番組を通してみると、真相に気付いたときのみんなの反応が、予想外のことに思わず笑ってしまう人もいれば、唖然となっている人もいて印象的です。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © ASIOS All Rights Reserved.