本城です。

ASIOSの新刊『検証 予言はどこまで当たるのか』が10月3日に出版されます。

今回のテーマは予言です。2012年の人類滅亡説からはじまり、ノストラダムス、エドガー・ケイシー、ジョン・タイター、出口王仁三郎、聖徳太子、ヨハネの黙示録、聖書の暗号、ファティマの予言などなど、有名どころを中心に様々な予言や予言者を集めて検証しました。

執筆者はASIOSのメンバーから、秋月朗芳さん、蒲田典弘さん、羽仁礼さん、原田実さん、藤野七穂さん、本城達也、皆神龍太郎さん、山本弘さん。外部からは信州大学の心理学者で先日のASIOSのイベントにもご参加いただいた菊池聡さん、ノストラダムスやフランス近代史に詳しく、「ノストラダムス大事典」の運営者でもある山津寿丸(sumaru)さんにご参加いただきました。

詳しい目次の紹介は以下のとおりです。書店でお見かけの際には、ぜひお手にとっていただけると幸いです。

目次

まえがき――予言はどこまで当たるのか(本城達也)

第1章 海外の予言
●2012年に人類は滅亡するのか?(本城達也)
マヤの予言をメインに、スーパーフレア説と地磁気消滅説も検証しました。マヤは『謎解き超常現象』でも扱いましたが、最新の情報を盛り込んで新しい内容にしています。
●「みずがめ座の時代」には世界は大きな変革を迎える?(山本弘)
占い系やスピリチュアル系でよくいわれる、新しい「みずがめ座の時代」について検証しています。イラスト入りでわかりやすいです。
●ピラミッドには過去の重要な歴史が記録され、未来も予言されている?(本城達也)
ピラミッドの寸法をもとに計算すると、世界の過去と未来が予言されているというやつです。終末予言の常連さんです。
●ジョン・タイターは未来からやってきたタイムトラベラーだった?(本城達也)
2000年から2001年にかけてアメリカの掲示板に登場し、タイムトラベラーだと話題になったジョン・タイターについて検証しました。日本語で懐疑的に調査しているものは、あまり見かけないので参考にしていただければ幸いです。
●ジョー・マクモニーグルはリモート・ビューイングで未来も過去も透視できる?(秋月朗芳)
日本ではFBI超能力捜査官として有名ですが、今回はテレビの方ではなくて、書籍で行った未来透視を検証しています。
[コラム]中東の終末予言と予言者たち(羽仁礼)
検証とは少し離れて、日本であまり知られていない中東の予言や予言者を紹介しています。実は中東は予言と関わりが深いので参考にしていただければと思います。

第2章 世界の三大予言者
●ノストラダムスは王家の運命から自分の死まで予言した? (山津寿丸)
今でも予言者として名高いノストラダムスの若い頃から自身の死までの生涯にまつわる数々の伝説を検証しています。
●ノストラダムスはフランス革命を予言した?(山津寿丸)
ノストラダムスというと、しばしば曖昧な予言をしてきたようにいわれますが、実は曖昧ではなく、数字や固有名詞を当てた具体的な予言もあったという伝説の検証です。
●ノストラダムスは2012年人類滅亡を予言した?(山津寿丸)
有名な1999年の予言(第10巻72番)を再解釈すると2012年の予言になるという説を検証しています。第10巻72番の予言そのものの検証も大変詳しくて参考になります。
●ノストラダムスは21世紀のために極秘予言を残していた?(山津寿丸)
新たに発見されたという秘蔵本や、日本のテレビでも新予言として紹介されたことがある予言絵画などについて検証しています。
●エドガー・ケイシーのリーディングは未来を予言した?(皆神龍太郎)
世紀末前の1998年にまつわる予言をいろいろしているのですが、これがどういう結果になったのかは本書をご覧下さい。
●ジーン・ディクソンの予言の的中率は85パーセントだった?(本城達也)
亡くなってしばらく経つため最近はめっきり情報を見かけなくなりましたが、70年代から90年代にかけては現代の予言者の代表格としてよく登場していたジーン・ディクソンの予言の検証です。

第3章 日本の予言
●出口王仁三郎は日本史上最高の予言者だった?(原田実)
日本のオカルト史におけるビッグネーム、出口王仁三郎の予言を検証。今回は主に第二次世界大戦と関東大震災の予言を扱っています。
●聖徳太子は死後2000年の未来を予言していた?(本城達也)
聖徳太子の予言書としてよく取り上げられる『未来記』と『未然本紀』、それにこの二書を大発見したかのごとく扱っている一部の本についても検証しました。
●「伯家神道の予言」は本当に存在するのか?(藤野七穂)
伯家神道の予言とは、皇太子が天皇に即位する際に行われる「祝の神事」が100年間、もしくは4代行われないと天皇家は滅びるというもので、今年の2012年がその100年目にあたるという説を検証しています。
●『をのこ草紙』は実在した予言書なのか?(藤野七穂)
『謎解き超常現象Ⅱ』でも『をのこ草紙』は取り上げましたが、今回は担当者が藤野さんになりました。そのため内容も違っていますので新たな情報も多いです。
[コラム]予言の心理学――人は無知や愚さから信じるのではない(菊池聡)
認知心理学の観点から、人が予言を信じる心理について解説しています。10年以上前に出された『予言の心理学』とは、また違った視点や解説も盛り込まれていて参考になります。

第4章 キリスト教・聖書・カルト関連の予言
●「ヨハネの黙示録」は神の終末計画書だった?(蒲田典弘)
世界的に有名な『ヨハネの黙示録』を、予言そのものだけではなく、その成立の背景まで含めて解説されていてわかりやすいです。
●「ヨハネの黙示録」はチェルノブイリ原発事故を予言していた?(秋月朗芳)
日本でも原発事故があり、近年、取り上げられる機会が増えた予言です。本来は『ヨハネの黙示録』とセットなのですが、今回はわかりやすくするために分けてあります。
●聖書の暗号――聖書は神の予言の書だった?(皆神龍太郎)
聖書には暗号が隠されていて、それを読み解くと予言があらわれるというやつです。世界的な大ベストセラーとなった『聖書の暗号』が有名です。
●ファティマの予言はすべて現実となった?(本城達也)
ポルトガルのファティマで聖母マリアから託されたという、有名なファティマの3つの予言を検証しました。
●聖マラキは代々のローマ教皇を予言した?(山津寿丸)
12世紀にアイルランドの聖マラキが書き残したといわれる、歴代教皇の予言の検証です。複数の教皇が並立していたり、教皇に関する予言も数多く存在していたりした時代背景も解説されていて参考になります。
[コラム]UFOと予言「少しだけ先の未来」(秋月朗芳)
一見するとあまり繋がりがなさそうにみえるUFOと予言。でも実はちょっと先の未来という点で繋がりがあるんですよ、ということがわかって面白いです。

第5章 こんなにあった! 当たらなかった世界滅亡・大異変予言オンパレード(外れたときの言い訳つき)(山本弘)
世界中の終末予言をこれまでに発表された順に紹介しています。1章全部を使ってしまうほどの多さ。外れたときの言い訳がある場合は、それも紹介されています。

予言との賢い付き合い方(座談会)
最後は予言をテーマに執筆者で座談会です。本編では扱わなかった予言もここで触れられている場合があります。