本城です。

先日発売された『検証 陰謀論はどこまで真実か』ですが、好評につき増刷されることが決まりました。これも本を読んでくださったり、紹介したりしてくださった皆様のおかげです。著者を代表してお礼申し上げます。

なお、初版ではいくつか誤りや説明不足がありました。そこでお詫びの上、以下のように修正と追記をさせていただきます。

▼P.4「まえがき」のあとに以下の注意書きを追加。
付記・本書ではフリー百科事典のウィキペディアを参考資料に載せている項目もありますが、これはもっと詳しいことが知りたいという読者の皆さんに、わかりやすいまとめサイトとして活用していただくために載せています。ウィキペディアは調査の際の取っ掛かりや入り口として活用すると大変便利です。ただしウィキペディアは不特定多数の人によって編集可能であるため、その情報は正しくない場合もあります。本書の担当者はウィキペディアを参考にする際は出典までさかのぼり、念のため別の資料も調べて確認を行っています。読者の皆さんもウィキペディアを参考にされる際は出典までさかのぼるか、他の資料も合わせてご確認されることをお勧めします。

▼P.23の下段9、12、13行目
シャフ→チャフ

▼P.89の下段5行目
厚生労働省→総務省

▼P.119の上段4行目。ページ数内に収めるために文章を削った際、伝説と真相がうまく対応しなくなってしまった箇所があったそうです。そこで以下の赤字部分の説明を追加しました。
入手した7枚の写真のうち「古文書」に関する5枚の検討の結果

▼P.120の上段、後ろから3行目~下段9行目まで。
この『国書解題』が原因で面目を失ったにせよ、「伝説」がいうように吉良義風が狂死することなど物理的にありえない。吉良は明治14年に亡くなっており(「吉良家過去帳」)、『国書解題』初版の出る15年以上も前のことなのである。また、陰謀論者は、佐村を書誌学者として有名な博士だったとするが、佐村は「博士」になっていないし、大学で教鞭を執ったこともない。一時期、東京府城北尋常中学校(現・東京都立戸山高等学校)に勤めたことがあるくらいである。中学教員出身の在野の人物では『上津文』潰しの「犯人」としてはふさわしくないので、佐村をアカデミズムの一員として、その権威で「偽書化」されたことにしたいための文飾か勇み足だろう。

▼P.155の上段、後ろから7行目
(変更前)
最近自分はアメリカへの入国禁止令が解け、幅広い取材が可能になったので、支援(金)をお願いするという内容だった。
(変更後)スペースを確保するため「アーヴィングからの手紙」の見出しをカットして「米現政権が自分の永続入国ヴィザを認可し、最近アメリカで講演旅行をこなし、旧著も復刊し好評であったが、自分のホームページがハッカー攻撃を受けサイトが荒され個人情報が盗まれ、カード契約の更新も家族のペイパルの更新も断られた。これは自分と敵対する某国家(手紙では実名)の仕業だと思う。歴史の真実追及活動のため、『アーヴィング闘争基金』へ募金をお願いする」という内容だった。

▼P.209ページの参考文献に以下を追加
『FIX‐世界麻薬コネクション』(ブライアン・フリーマントル、新庄哲夫訳、新潮選書)

▼P.259ページの本文9行目、赤字箇所を追加
まさに当事者といえる西川氏に2010年8月に取材を行った。