1. Home >
  2. 調査レポート >
  3. 心霊写真の解明と再現

心霊写真の解明と再現

調査, 執筆:横山雅司, 本城達也

調査協力:若島利和, 蒲田典弘, ナカイサヤカ, 他モデル2名

写真をクリックすると、大きなサイズの写真が表示されます。表示された写真をクリックすると、写真が閉じて元の画面に戻ります(※JavaScript有効の場合)。

注:このページでは、いわゆる「心霊写真」についてその原因を懐疑的に探っていますが、怖がらせることは目的としていません。

 

オーブ(Orb)

写真のような丸い球体は、一般に「オーブ」と呼ばれているものだ。オーブにはいくつか種類があるが、報告例がもっとも多いものは「点のような微小な光源のピンボケ」である。

背景にはきちんとピントがあっているので「ピンボケ」と言われても意味がわからないかもしれないが、背景にピントがあっているからこそ、手前(それこそレンズの直前)にある光源にはピントがあっていないのである。

では手前の「微小な光源」とは何か。多くの場合、空気中を漂うホコリである。これに強い光が当たると微小な光源になり、それを奥にピントがあっているカメラで撮影すると当然手前のホコリはピンボケになりにじみ、いわゆるオーブ状に写るのである。下の連続写真を見て欲しい。

これはホコリのついた鏡を、鏡に映ったものに対してピントを合わせて撮影したものである。見ての通り、鏡本体がレンズに近づくほど、表面のホコリがオーブ状に写るのがわかる。

要は「微小な光源がピンボケ」すればいいのだから、空気中のホコリに限らず、「雨粒」(上の左と中の写真)、「レンズに付着した小さな水滴」(上の右写真)、「手前にピントを合わせたときの遠くの照明」なども考えられ、霊的なものだと騒ぐ前にまず状況を冷静に分析する必要があるだろう。

※Ⅰ ちなみに連続で撮影したうちの一枚しかオーブが写っていなかったとしても、驚く必要はない。ホコリをはじめ、オーブの原因となりうるものは、空気中を静止しているわけではなく、常に動いている。

そのため連続写真であっても、ピンぼけする域から外れてしまったり、光を反射しない動きをしているときはオーブ状に写らない場合がある。

余談だが、光源のピンボケによるオーブはカメラの「絞り」(光の入り方を調節する部品)の形の影響を受けるので、穴をあけた紙をレンズにかぶせる事で変形させる事ができる。

▲ページ上部へ

 

動くオーブ

ここまで、オーブ(日本では「玉響(たまゆら)」ともいう)は「微小な光源がピンボケ」したものだと説明してきたが、なかにはこういった再現写真まで添えた説明でも納得しない人もいる。 こういった人たちは、「動くオーブは本物」「(その動きをさして)まるで生き物のようだからホコリなどではありえない」といった理由を挙げることがある。

しかし確認もせず、ずぐに「あり得ない」と決め付けるのではなく、実際にホコリなどでは、どういった動きをするのか検証してみれば、ただのホコリでもいろいろな動きを見せることがよくわかる。

以下は、オーブ状に見えるホコリの動きを実際に撮影したものである。

 

動くオーブ その1

上、下、横と、いろいろな動きを見せている。

 

動くオーブ その2

動画が始まってすぐ、右に動いて消えたかと思うと、今度は左に向かって動くホコリが現れる。

▲ページ上部へ

 

体が透ける

このタイプの心霊写真は、夕方や夜、やや暗めの室内でフラッシュを焚いたときなどに撮れやすい。以下で説明しよう。

写真を撮る、という事はカメラの内部にある光を記録する部分(フィルムやCCDなど)にカメラが見ている景色の光を当てる事と言ってよい。光を記録するには相応の強さの光を当てる必要がある。そのため、暗い場所などでは光が弱い分、シャッターが開いている時間の方を長くして光をできるだけ多く取り込むようになる。(※Ⅰ)

※Ⅰ 一般に広く使われているコンパクトカメラの場合、この判断はカメラ自身が行うため、撮影者本人は自分のカメラのシャッターが何秒開いているのか把握していない事が多い。

ちなみに、シャッターの開閉時間は、「シャッタースピード」と呼ばれる。シャッタースピードが遅い(シャッターが開いている時間が長い)とブレやすくなる。

ところが、その長くなってしまったシャッターの開放されている時間内に撮影しようとした人物がうっかり動いてしまったらどう写るだろうか。 たとえば2秒間シャッターが開きっぱなしであったら、それは1枚の写真の中に2秒分の動きが記録されることになる。

これがいわゆる「ブレ」である。暗い場所ではブレているものは薄く写る。なぜなら、動いていてその場にいる時間が短い分、「その位置にいる時の人物」から来る光が写真に写るには弱すぎるからである。

さらに、人物が静止している間の姿は動かないのではっきり写るが、動き出したあとは背景が写るため、同じ場所に人物と背景が重なり、人物が透明になったように写ってしまうのだ。これは体の一部の動き、例えば腕や足、頭などでも起こる現象である。ポーズをとっていた人物が撮影の瞬間にうっかり動いて(※Ⅱ)しまったりすると手足や頭などが透明に写る事がある。

※Ⅱ ほとんど無意識に動いてしまう場合もあるので、本人も覚えていないことが多い。

ちなみに人などの被写体としては、光を反射しにくい黒い色に近いほど透けやすい。一方で背景は白い色に近いほど、前にいる被写体は透けやすい。

またシャッターが開いている間に、動いている人物に一瞬だけ強い光が当たった場合(※Ⅲ)も、強く光が当たっていた瞬間の像だけが写り込み、その後その場所の背景が写るためやはり透明に見えるように写る。

※Ⅲ 自分のカメラがシャッターを長く開いている時に他人がフラッシュを焚いた場合。または自分のカメラのフラッシュの光っている時間よりシャッターが開いている時間の方が長かった場合(カメラによっては、「夜景モード」や「スローシンクロ」といった名前の機能で、このような動作を行う場合がある)。

このように、とくに暗い場所での撮影では、人間が目で見ているのとはかけ離れた奇妙な写真が多く撮れる。もちろんこれらは、祟りを恐れて自称霊能者にすがりつくべき性質のものではなく、その奇妙さを面白がるのが正しいカメラの楽しみ方といえよう。

▲ページ上部へ

 

ケーススタディ:頭が透けている写真

左は『戦慄!! 心霊写真集 写った見えた! 霊の世界』黒田みのる(大陸書房)の13ページに掲載されている写真。撮影時にカメラの前を横切った人物の頭を含めた上半身の一部が透けている。

このような透明化は先に述べた仕組みが原因である。特にこの事例の場合は背景に明るい照明があるため一層透けやすい。なお、人物が白っぽく写っているのはカメラのフラッシュの反射が原因である。右はその再現写真。

▲ページ上部へ

 

ケーススタディ:手が透けている写真

左は『これはすごい日本の心霊写真集』佐藤有文/宗川圓学(立風書房)の102ページに掲載されている写真。一番左の人物の赤い矢印で示した左手が透けている。

これはシャッタースピードが少し長めの状態で、撮影時に手を少し動かしてしまったことが透明化の原因だと思われる。右はそれを再現したもの。

▲ページ上部へ

 

ケーススタディ:手がブレている写真

左は『超恐怖! 心霊写真集』黒田みのる(勁文社)の9ページに掲載されている写真。これは透明化せず、ただブレて写っているだけの写真である。振り向きざまに手を振ったところを撮影されたために、このようなブレになってしまったのだろう。

カメラの設定や、撮影のタイミングと被写体が動くタイミングによっては、透明になるよりブレることも多い。同じように手を振り、そのブレを再現したものが右の写真である。

▲ページ上部へ

 

体の一部が消える

体の一部が完全に消えている写真は、先に述べた透明化が原因でも起こりえるが、ここではそれとは違う原因を解説する。

腕や足、頭などは、被写体の姿勢によって、衣服やそれを着た体自体に隠れてしまい、あたかも消えてしまったように見えることがあるのだ。実際にどのようなものがあるのか以下で見てみよう。

 

ケーススタディ:頭が消えている写真

左は「ほんとにあった怖い話」(フジテレビ)の第二位で紹介されていた頭のない写真である。鑑定者によれば、頭が写っていないのは「極めて悪質な悪霊の仕業」で、「この滝の近くで自殺した女性の悪霊が乗り移ろうとしている決定的瞬間」「首から先はあちらの世界に行ってしまっている」「お祓いと写真のお焚き上げ供養が必要」だという。

しかし、冷静になってよく見てみると、写真には白いシャツと後頭部の一部がわずかに写っていることが確認できる。さらに体もやや前傾姿勢であることから、この被写体は撮影時に下を向いてしまったのだと考えられる。体の前には柵がなく、おそらく下にある川は見やすかったことから、何か注意を引くものがあったのかもしれない。右の写真は、同じような姿勢で撮った再現である。

▲ページ上部へ

 

ケーススタディ:腕が消えている写真

このタイプは、撮影時の自然な行為として腕を体の背後に回すなどした結果、腕が体や服の陰に隠れて見えなくなることが原因の場合が多い。

左は『世にも怪奇な心霊写真集』宜保愛子(大陸書房)の147ページに掲載されている写真。右はその再現。腕を後ろに回しても袖の部分は体の後ろに隠れないため、あたかも肘から先が消えているように見えるのだ。

 

次に上写真左。これは『戦慄!! 心霊写真集 写った見えた! 霊の世界』黒田みのる(大陸書房)の29ページに掲載されている写真。これも腕を後ろに回しているだけだと考えられる。

右はその再現。半袖ではない長袖でも、角度によっては、まるで腕が切り取られたかのように消えてしまったように見える例だ。

▲ページ上部へ

 

ケーススタディ:足が消えている写真

このタイプは女性を被写体にしている場合が多い。これはスカートをはいていて足が隠れやすいのと、撮影時にモデルのようにポーズをとるなどした結果、両足が重なってしまい、あたかも足が一本消えたように見えてしまうことが原因と考えられる。

左は『超恐怖! 心霊写真集』黒田みのる(勁文社)の231ページに掲載されている心霊写真だ。これは先に述べたように両足が重なるようなポーズをとったことが一本足に見える原因だと思われる。右はそのポーズを実際にとって再現したもの。

 

続いて上写真左。「ほんとにあった怖い話」(フジテレビ)の第23位で紹介されていた写真である。真ん中の男の子の下半身が完全に消えているように見える。

しかし、これは本当に消えているのではなく、ましてや画像編集でインチキを行っているわけでもない。右のイラストのように男の子は足を開いて立っているために、あたかも下半身が消えたように見えてしまったのだ。さらに着ている黒い服が垂れ下がり、広げた足が隠れてしまっていることもポイントとなる。

この事例の解明とわかりやすいイラストは、イラストレーターの開田裕治氏によるもの。このページでの紹介を許可してくださった開田氏には感謝申し上げたい。

▲ページ上部へ

 

白いモヤ

写真は上段左が『戦慄!心霊写真の謎』龍顕正(学研)の140、141ページに掲載されているもので、中央は『心霊写真の神秘』中岡俊哉(永岡書店)の80、81ページ、右は『戦慄!心霊写真の謎』龍顕正(学研)の76ページに掲載されている写真である。

下段はその再現写真で、左がカメラを構えている撮影者本人の吐いた息、真ん中はタバコの煙、右は車の排気ガスがストロボの光に浮かび上がって写り込んだ物である。

それぞれ撮影状況によっても質感は異なってくるが、肉眼で見えるよりも白く写っていることは共通している。特に自身の息の場合、暗い場所では見えにくい上に、コンパクトカメラは暗いと判断すれば自動的にストロボを光らせる機種が多いので、気がつかないうちにこのような写真を撮影してしまう事がある。

息や車の排気ガスは、上の写真のようにはっきり写っているが、ストロボ光の無い状態ではデジタルカメラの液晶画面でもほとんど見えない。

なお、息が白く見えるためには、一般に湿度100%で気温17度以下という条件が必要である。これより低い湿度だと、だいたい気温14度くらいから息は白くなる。もし屋外などで白いモヤが写った場合は、こういった気候条件も調べるとよい。

▲ページ上部へ

 

ケーススタディ:華厳の滝

左の写真は『特命リサーチ200X 超常現象編』(日本テレビ放送網)の92 ページに掲載されている心霊写真である。栃木県にある華厳の滝で撮影された写真の下部に、人の顔が写っていたというものだが、この本では実際に現場に行って調べたところ、足下に写っていた人の顔は、被写体が写っていた展望台のすぐ後ろに一段低くなった別の展望台があり、そこに立っていた人の顔が写りこんだ可能性が高いと指摘している。

そこで実際に現場に行って確認したところ、確かに展望台の下には別の展望台があり、この場所に人がいた場合は顔が写りこんでしまうことが確認された。右は再現写真である。(手すりは新しいものに変わっている)

▲ページ上部へ

 

ケーススタディ:謎の細長い物体

左と右は、それぞれ『超恐怖! 心霊写真集』黒田みのる(勁文社)の16ページと、『これはすごい日本の心霊写真集』佐藤有文/宗川圓学(立風書房)の108ページに掲載されている写真。これらはカメラにつけるストラップなどがレンズに被り、写されたものだと思われる。

以下の左と中央の写真はそれを再現したもの。右はストラップなどからほつれた糸を想定してレンズ前に被せて撮影したものである。

一眼レフではない通常のフィルムカメラの場合、レンズとファインダーはつながっていないことも多いため、レンズ前に何かモノが遮っていても現像するまで普通は気づかないので注意が必要だ。

▲ページ上部へ

 

ケーススタディ:不思議な光

右の写真は、『恐怖写真館』大窪南【鑑定】 (朝日ソノラマ)の1ページ目に掲載されている写真である。

茨城県在住の相談者によれば、この写真は相談者が幼児の頃に撮られたもので、右手には石を持っていたはずなのに、変なものが写っていたので不思議に思い鑑定を依頼したとのこと。

ちなみに大窪氏の鑑定によれば、これは迷い霊の仕業で、派手なパフォーマンスがしたかったのだという。

上の写真は「迷い霊の仕業」だとされたものを再現した写真である。写っているものの正体は、左と真ん中が枝で、右は葉っぱ。

林の中で撮影された際に、上から枝や葉が落ちてきて、それらにストロボの強い光が反射したのではないか、という仮説のもとに検証した写真である。同じ撮影状況の中、ほぼ同様の再現写真が撮れたことから、写真に写っていたものの正体は枝の可能性が高い。

▲ページ上部へ

 

クイックアンケート

このページの説明は分かりやすかったですか?