本城です。

先月、Facebookで話題になった宙に浮く石の動画をご存知でしょうか。9月5日の朝、ある女性がお子さんと幼稚園のバスを待っていた時のこと。「ママー!!石さんが浮いてる!!」という言葉で気づくと、そこにはプカプカと宙に浮く石があったといいます。

そのとき撮影された動画がこちら

確かに浮いています。信じがたい映像です。ASIOS内でも話題に上がり、検討されまして、石が回転していることから糸のようなもので吊っている可能性が考えられました。

ただその場合、イタズラの可能性が浮上しますが、投稿された方のタイムラインを確認してみますと、他の投稿内容はお子さんとの日常を記録されたものばかりです。もし宙に浮く石の動画がイタズラだとすると、今回の投稿だけ馴染まない、それこそひとつだけ浮いた存在になる気がしました。

そこで石が浮く原因について、イタズラ以外の可能性を調べていたところ、実は他にも同様の動画が撮影されていることがわかりました。以下はそれらのうちのいくつかです。(最初のFacebookの動画が投稿される前に撮影されたものもあります)

よく似ていますね。では正体は一体何なのでしょうか? 動画を撮影された方たちによりますと、石を浮かせているのは「クモの糸」だといいます。石がクモの糸に絡まって宙に浮いているように見えるのだそうです。

とはいえクモの糸はかなり細いイメージがありますから、そんなもので石が浮かせられるのかと思ってしまいます。ですが調べてみると実は意外と強度があるようなのです。

「鋼鉄超える強度とナイロン顔負けの伸縮性 世界初『クモの糸』量産化」
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130524/biz13052418350034-n1.htm

念のため、クモの糸の研究で有名な奈良県立医科大学の名誉教授、大崎茂芳さんにも今回の件についてご意見を伺ってみました。すると現象自体はそれほど不思議ではないとのことでした。どうやらクモの糸で石を浮かせることは可能なようです。

もちろんオリジナルの現場の状況が調べられたわけではないため、断定はできませんが、クモの糸の可能性は十分考えられるのではないかと思います。その場合、1本や2本程度ではさすがに石を支えられないでしょうから、肉眼で見えるかどうかと、石を吊れるギリギリの本数のバランスが重要になってくるのかもしれません。

なかなか自分たちでも再現動画を撮影するのは難しいところですが、もし今後撮影することができましたら、あらためて報告したいと思います。