本城です。昨年末、アメリカ・カリフォルニア州のチャアラーにミステリーサークルが出現しました。

【画像引用元】
http://www.earthfiles.com/news.php?ID=2157&category=Environment

2013年の最後に登場したこのサークルはとても奇妙だったため、アメリカはもちろん、世界各国で取り上げられています。日本では日経が写真付きで取り上げていましたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

さて、このサークルが最も奇妙だったのは、「192」という謎の数字が記されていたからです。これは点字で示されたものですが、他にも外周のサークルを時計盤に見立てると、1、9、2のそれぞれに対応していて、何らかのメッセージであることは明らかでした。

【画像引用元】
http://www.youtube.com/watch?v=LVDrjAFibHI

海外では、この数字の意味について様々な説が飛び交います。いわく、惑星の配置、放射性同位体イリジウム192との関係、ケネディ大統領関連のNo.192文書などなど。

他にも現場では大麦の茎が折れずに曲がっていたことから、いわゆる「不思議なカーブ」が確認されたとして、人間によるイタズラの可能性はないとされました。サークル付近では不思議な光も目撃されたといいます。地球外生命体からのメッセージだったのでしょうか。

残念ながら違いました。このミステリーサークルが世界各国で取り上げられるようになった1月上旬、ついに正体が判明します。NVIDIA(エヌヴィディア)という企業が名乗り出たのです。

この企業はアメリカ、カリフォルニア州にある半導体メーカーで、2014年1月5日に「Tegra K1」という新製品を発表しました。これは192コアのスーパーチップで、今回サークルに記されていた「192」という謎の数字は、実は新製品のコアの数を示していたことが明らかにされました。

制作理由について、同社の社長兼CEOのジェンスン・フアンは、「Tegra K1がNVIDIA史上最も大がかりなプロジェクトで、およそ実現不可能な技術によって構築されたことから、これはきっとエイリアンによって開発されたに違いない!というネタが前提として存在した」と語っています。

「Tim Sweeney氏が登場する「Tegra K1」の“Unreal Engine 4”デモトレーラーが公開、その他未公開シーンを含む映像も」(doope!)
「NVIDIAがGPUコア192基搭載の次世代モバイルSoC『Tegra K1』を発表」(GIGAZINE)

これは同社で「プロジェクト192」と呼ばれていたそうで、裏話については次のページで読めます。
「プロジェクト192裏話-カリフォルニア州のありふれたムギ畑を世界で神秘にした方法」(NVIDIA)

ちなみにサークルの形自体も、実は「Tegra K1」のチップがモデルだそうです。また広告の効果も想像以上で、大成功だったようです。