本城です。

今年最初に紹介しました「ビッグフット、射殺される?」という記事の件ですが、3月31日に、やはりウソだったことが判明したそうです。(仲間ともめて暴露され、認めたかたち)

「『ビッグフット』捕獲のハンターがビッグフットの死体がウソだったと認める!!興行で600万円を荒稼ぎ!!」
「Bigfraud! Man who raked in $60,000 charging public to see body of Bigfoot admits the corpse is a HOAX made from camel hair and latex…just like the scam he pulled in 2008!」
「Bigfoot hunter Rick Dyer admits he lied about killing the beast」

記事によると、射殺されたというビッグフット(「ハンク」という名前)は、実はラテックス製で、ラクダの毛を使っていたといいます。

今回の騒動を起こしたリック・ダイアーとハンク

 

ハンクの石膏型

(引用元)

このハンクを製作したのはクリス・ラッセルという人物で、彼はリック・ダイアーから映画で使うためだと言われて作ることになったといいます。製作したのは昨年、期間は2週間、費用は約7万円だったとのこと。

ダイアーはハンクを見世物にして各地をまわり、約1000円の入場料を取って合計約600万円を稼いだそうです。2008年にニセモノ騒動を起こし、今回こそは本物だと主張していましたが、結局やっていたことは同じようなものでした。

また数年後に、今度こそは本物だと言って再々登場するかもしれません。「リック・ダイアー」という名前と彼の顔はよく覚えておきましょう。